畳の歴史

日本建築のモジュール化した畳は、文化の粋でした

畳が使われるようになったのは、いつごろのことでしょうか。
一般的には「古くからあった」と認識されているだけで、ほとんど知られていません。
実際のところ、農耕民族だった日本人の祖先が生活圏の周囲にあった稲わらなどを利用して、少しでも快適な住まい方をすることに生活の知恵を発揮してきた結果として、畳が生み出されたことは容易に想像できることです。

事実、年々進んでいる縄文時代から弥生時代にかけての遺跡発掘調査作業の家庭で住居に稲わらを敷き詰めていた形跡がいつくも発見されており、稲わらなどの資源を活用して敷物をつくり出していたことは明らかです。
その後、畳としての最初の形は、稲わらなどの材質でムシロ・コモ・ツカナミなどの敷物類を生み出していたところに、大陸から絹織物などが伝わり、やがてそれらが巧みに組み合わされて、快適さ・実用性・装飾性・権威性などが加味されて、八重畳はじめ置き畳や敷物などに進化したのが始まりと考えられています。

古の香りをとどめて現代の生活を豊かにする畳文化。

日本ならではの敷物「畳」が貴族階級から庶民へと普及するまで。

中国伝来のものが多い中で、畳は日本固有の敷物。その歴史は「菅畳八重」「皮畳八重」などの記述がある古事記にまでさかのぼります。まだ畳床などはなく、コモなどの敷物を重ねたものと推測されます。現在の畳に似た構造になったのは平安時代。板敷に座具や寝具として置くという使い方で、使う人の身分によって畳の厚さやへりの柄・色が異なりました。

鎌倉時代から室町時代にかけ、書造院が生まれて、部屋全体に畳を敷きつめる使い方に発展しました。それまでは高貴な人や客人のもてなしのためのものでしたが、建物の床材として利用されるようになったのです。しかしそうした使い方も貴族や武士の富の象徴。桃山時代さらに江戸時代に至るなかで、数寄屋造や茶道が発展して普及し、徐々に町人の家にも畳が敷かれるようになりました。それでも身分による畳の制限の風習は残り、庶民が使用できるようになったのは江戸時代中期以降。畳師。畳屋と呼ばれる人々が活躍し、畳干しする家々の光景があちこちで見られるようになりました。