畳の種類

住まいや生活に合わせて選べる畳の豊富なバリエーション。
畳の基本サイズは前ページの表のように京間や江戸間のようにさまざまあります。最近人気なのが、畳へりをとった畳。さらに半帖サイズにして洋間に敷きつめるスタイルが増えてきています。

畳床の種類は前ページの図のように大別すると3種類。稲ワラのほかに工場生産による木質系のインシュレーションボードやプラスチック系のプリスチレンフォームを素材にした各種畳床があり、住まいの条件や用途に合わせて選びます。畳表は経糸の素材別に麻経糸表、綿経糸表、特殊表があり、またイグサの品質や本数によっても種類があります。さらに最近では、ポリプロピレンなどの化学繊維や和紙などを使った畳表も登場しており、これら素材によって価格もさまざまです。

進化する畳表

空間の雰囲気を微妙に変える畳表の色調。

時代とともに変化する畳表。普通の座敷にも使えるさまざまな色調の畳表が揃っています。白っぽいものは空間を明るく演出。赤味を帯びたものはあたたかみを感じさせ、黄味を帯びたものは壁との調和感をもたらします。

畳へりの種類

色使いや伝統文様で畳の表情を引き締める。

photo0042